馬頭観世音碑(沼尻墨僊書)

般若寺の入り口にある馬頭観世音の石碑。
沼尻墨の書と言われる。
沼尻墨(ぬまじり ぼくせん)(1775−1856)は土浦の人で、地理学を研究し、「地理書」を書き、世界地図の模写と傘式の地球儀を作成したことで知られている。